location: ホーム> 治療について

治療について

【I-tero導入しました!!】

口腔内光学スキャナー「i-Tero」写真

当院ではより精密なインビザラインを提供するため、精密検査に口腔内光学スキャナー「i-Tero」を導入しております。

【I-teroのメリット】(シリコン印象との比較)

1.正確性

【I-teroのメリット】(シリコン印象との比較)写真

i-Teroの画像技術はシリコン印象よりも精度が高く、歯表面の凹凸までデータとして採取できるため1人ひとりに合ったインビザラインを製作でき、適合性の向上に繋がります。

また、歯型データの撮り直しが格段に軽減され、再来院が不要になります。

2.快適性

従来のシリコン印象は印象材が固まるまで時間がかかる、印象材を外す際に力がかかり、ワイヤー後の動揺している歯に対して、痛みを伴うこともありましたがi-Teroは歯や歯茎をレーザーでスキャンするだけなので、負担の軽減、検査がより快適になりました。

嘔吐反射(吐き気)などが起こるなど不快を感じる患者様にも、疲労感を少なく受けて頂けます。

3.安全性

i-Teroは放射線を使用しないため、体への影響はなくお子様や妊婦の方にも安心です。

また歯型を採る際に印象材が喉の奥に流れ込むなどのリスクもなくなります。

4.速さ

i-Teroは搾取した画像データをインターネットにて直接送る事ができるため、インビザラインをより早く患者様の元へお届けすることができます。

I-teroのメリット(速さ)写真

5.安心感

今現在の自分の口腔内の状況を、その場ですぐに3D画像で確認出来ることで、モチベーションアップ安心感に繋がります。

I-teroを使用している写真

治療の流れ

1.検査

口腔内写真撮影 口腔内・顔貌 合計8枚撮ります。
 
アイテロで歯型のスキャニング アイテロを使用し、歯型を3D画像に起こしていきます。
歯型を3D画像
 
歯型の確認 スキャニングを行ったその場で、歯型を確認します。
記録の不備がないかチェックでき、不鮮明な部分はその場で修正可能な為、再来院を防げます。

2.治療計画、マウスピースの作製

治療計画シュミレーションを作製し、インビザライン社にてマウスピースの作製。

3.矯正治療開始(検査から約3週間後)

治療計画に基づき作製された、インビザラインのマウスピースがアメリカから輸送されます。

新しいマウスピースに交換していくことで、徐々に歯を動かして矯正を進めていきます。

インビザラインは他の矯正方法に比べ、痛みも少ないこともメリットです。

*患者様の声...etc.

  • シリコンと比べて痛くない!!寝れちゃうくらいリラックスできます!
  • 痛み、不快感がなく楽にうけられる!
  • 自分の歯を3D画像で見れることなんてないので、面白い!
  • 最新で凄いですね

▼「治療について」内のコンテンツ

  1. 【I-tero導入しました!!】